スポンサーサイト

--/--/-- --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

バイトやめます!

2011/09/02 00:23
どうもお久しぶり。
記事書くときに「お久しぶり」と書くのが普通になってきてるのを何とかしなければいけない。

で、記事書いたと思ったら書いてるのこんなことだもんね。
見てくださってる方ごめんなさい。

本題に移ります。

バイトやめます!今週末で!

というのもですね
やっぱり店長の態度に耐え切れなくなった、と言いますか。


・細かいことですぐ切れる
・言葉がトゲトゲしい
・怒りを持ち越す
・休憩時間長い

などなど、いろいろあったわけですね。

メンタルが絹ごし豆腐より崩れやすい僕はこのまま続けてもストレスたまるだけだと思ったのでやめることにしました。

こんなことでは社会には通用しないんだろうな、とは思いますが。

まぁ向こうも僕のこと嫌いでしょうし。
ここ三日くらい掃除しかされてもらえてませんし。レジすら打ってませんし。


で、そんな感じで結構がっくり来てた時に友達から電話がかかってきました。

友「お、ユウ!今から飯でも食って駄弁ろうぜ!」
ユ「いいよ、俺愚痴しか言わないと思うけど」

~サイ○リア店内~

ユ「(すっごい落ち込んでて自虐・店長の愚痴を言う。ネガティブ。)」

友達が何か言い始める。

友「あのさ、ユウはジャンプする時ってどういう風にする?」

ユ「? 膝まげて弾みつけてから跳ぶけど・・・?」

友「一緒なんだよ、ジャンプも、仕事も。」

友「ノーモーションからジャンプするより弾みをつけるために一回沈んだ方が高く飛べるだろ?」

友「仕事でも始めから何でも出来る奴なんていないだろ?みんな失敗して成長していくもんだ。」

友「だからさ、今は高く跳ぶためにかがんでるところなんだよ。もっと失敗しろよ。」

友「いっぱい失敗してさ、それで自分の駄目なところ見つけて修正しろよ。」

友「沈むことが多いってことは、より高く跳べる、ってことなんだぜ!」

友「だから、もっとポジティブに行こうや。」

友「ただ、ポジティブすぎても駄目だけどな。自分の駄目なところが見えなくなる。」

友「ポジティブっていうのはさ・・・やっぱり自分を騙すことだからさ。」

友「だから俺はちょっとネガティブなユウのままでいいと思うぜ。」




なんやねんこいつ。惚れてまうやないか。




それ以外にも

「バイト辞めるのはいい決断だと思う。向き不向きはやっぱり誰にもある。」
「こんなこと言うのもなんだけど、俺は所詮バイト、って割りきってる。実際に正社員として働くための通過点って考えてる。」

と、言ってました。

ちょっと感極まって泣きそうになりました
友達って、やっぱり大事ですね。
相談に乗ってくれる友達がいるって言うのはすばらしいことだと思いました。

ユ「ありがとう、ちょっと心晴れたわ。」
友「いいんだぜ、頼りにしてくるなら俺は助け舟や考えを出すぜ。」

ユ「マジありがとう。じゃあ今日はもう遅いし、そろそろ帰ろうか。」
友「せやな」


僕はそう言って注文した料理のお金を全部払った。

スポンサーサイト



Comment Post

Name:
Subject:
Mail:
URL:

Pass:
Secret:管理者にだけ表示を許可する

Trackback

Trackback URL:
 Home 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。