スポンサーサイト

--/--/-- --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

その時、大地が動いた

2010/01/17 05:46
※この記事は自動更新に設定されています。


1月17日午前5時46分52秒。
黙祷。


今から15年前。
淡路島北部を震源地とした「阪神・淡路大震災」が起こりました

  死者:6,434名 行方不明者:3名 負傷者:43,792名

* 避難人数 : 30万名以上
* 住家被害 : 全壊104,906棟、半壊144,274棟、全半壊合計249,180棟(約46万世帯)、一部損壊390,506棟
* 火災被害 : 住家全焼6,148棟、全焼損(非住家・住家共)合計7,483棟、罹災世帯9,017世帯
* その他被害 : 道路10,069箇所、橋梁320箇所、河川430箇所、崖崩れ378箇所
* 被害総額 : 約10兆円規模

                  ※ウィキペディアより

兵庫(神戸)を中心に、大阪、京都、奈良などの近畿地方に大きな災害をもたらしました
遠いところでは福島県にまで到達したそうです(震度1)

自分は大阪府に住んでいますが幸いにも住んでいる地域では被害はあまりなかったそうです
とは言っても家のコンクリートにヒビが入りましたが
あと、家の電気が大きく揺れたとか、食器棚の食器が少し割れたと親は言っていました

神戸では甚大な被害をもたらしました
住宅、建物崩壊

阪神高速道路倒壊

はんしんdst0801170758004-p2

当時自分は2歳だったので、よく覚えていません
しかし、大変なことであったということは2歳の頭でも分かりました


日本は地震大国です
これからまた何年、何十年かするとまた大地震が来ると予想されています
こういうことを言うと被害者様と、家族の方々には非常に申しわけないのですが
地震によって、後々の人間の教訓になったと俺は思うのです
これから起こる地震の被害を最小限に食い止めるために。

しかし15年も経てば、被害の少なかった地域の人間は少しずつ忘れていくでしょう
でも、しっかりと思い出してほしいのです
15年前に起こったことを。

そのことがあったことを再認識して家では緊急用の食料や水、懐中電灯などが入ったバッグや、置物が倒れてこないように揺れを抑える吸収剤などを設置、もし離れ離れになったら「○○へ集合」など対策をとるようになりました
カバンは常に寝床の近くに置いています

皆さんは何か被害が起きた時の対策などをしていますか?
もししていなかったらぜひした方がいいと俺は思います
今自分でできることはやっておいた方が確実にいいです

果たして俺なんかの記事でみなさんに影響をあたえられたのかは分かりませんが
最後にもう一度

黙祷。
ご冥福をお祈りいたします
スポンサーサイト



Comment Post

Name:
Subject:
Mail:
URL:

Pass:
Secret:管理者にだけ表示を許可する

俺たちはぎりぎり何を逃れた世代ですが、それでもかなり心に残ってます
亡くなった方がたにできる限りの黙祷をここに捧げます
いつまでも忘れずに、今後の対策に生かしていきたいですね



コメント返信

南海地震や党南海地震など今後の対策に役立てて欲しいですね。

そういえば最近ハイチで地震が起きましたが、それに募金をさせていただきました
わずかですが、少しでも役に立てたらいいなと思います。



Trackback

Trackback URL:
 Home 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。